関東大学リーグ対抗戦は1日、埼玉県の熊谷ラグビー場で行われ、帝京大が筑波大を66-10で下して6勝目(1敗)を挙げ、8年連続9度目の優勝を果たした。8連覇は、対抗戦の単独最多記録。5勝1敗で並び、2日に対戦する早大-明大の勝者も同時優勝となる。慶大は青学大に98-17で大勝して5勝2敗とした。

 帝京大は前半3分にCTB尾崎が自陣でインターセプトから独走トライを決め先制。前半を28-0で折り返すと、後半は6トライを追加した。

◆監督「成長感じた」 次は前人未到の全国大学選手権10連覇

 集中力を切らさず、試合終...    
<記事全文を読む>