ゴルフの国内男子ツアーの新たな取り組みとして、ジャパンゴルフ選手会会長の石川遼選手(松伏町出身)を中心に発足した「フューチャーGOLFツアー」(主催・埼玉縣信用金庫、後援・埼玉県ゴルフ協会ほか)の埼玉大会が15、16両日、寄居町の森林公園ゴルフ倶楽部で開催された。

 石川選手ら若手男子プロ10人が、アマチュアやジュニア選手たちとゴルフを通して交流を深めた。

 同ツアーは大相撲の地方巡業をモデルにしており、ゴルフファンの増加や地域活性化などを目的に石川選手が企画した。埼玉県は2020年の東京五輪でゴルフ競技が開催されることもあり、県内のゴルフ振興や地域活性化などを...    
<記事全文を読む>