1月2、3の両日に行われる新春の風物詩、第95回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)。29日に区間エントリーが発表され、29年ぶりのシード権獲得を目指す国士舘大は県勢最多3人を各区間に起用した(補欠には1人)。平成最後の箱根路を駆け抜ける学生ランナーたちの戦いが、いよいよ始まろうとしている。

...    
<記事全文を読む>