来年1月2、3日の第95回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)にオープン参加する関東学生連合のメンバーとして、明治学院大4年で陸上部主将の鈴木陸さん(22)の出走が濃厚となっている。実現すれば明学大からは初出場となり、学生時代のラストランで歴史を切り開く。本番を目前に控え、最後の調整を続ける鈴木さんは「同期や応援してくれる人の思いを背負い、いい走りをしたい」と意気込んでいる。

 10月13日の予選会(21・0975キロ)で1時間5分1秒を記録し、本戦出場を逃した各大学のトップ選手の中で11番手に食い込んだ。関東学連メンバー16人のうち、本番でたすきをかけられるのは1...    
<記事全文を読む>