小川町立大河小学校(鷲巣明喜校長)で「オリンピアンかけっこ教室」が行われた。アテネ五輪陸上男子400メートルリレー代表の伊藤友広さんが講師を務め、5、6年生68人が、かけっこに汗を流した。

 県の「オリンピアンに学ぼう」の一環。伊藤さんはアジアジュニア選手権の400メートルリレーでアンカーを務め優勝。アテネ五輪では第3走者として、日本過去最高の4位入賞するなど活躍。現在は全国で子どもたちの指導をしている。

 伊藤さんは走るフォームをチェックし「良い姿勢で地面をポーンと強く踏もう」「スタートダッシュは前の足に体重をかける」などとアドバイス。児童たちはダッシュやスキ...    
<記事全文を読む>