全国の駅伝チームが競う「第21回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会」(9日、大阪万博記念公園特設コース)で、兵庫県高砂市を拠点に活動する「北浜ジュニアランニングクラブ(JRC)」が優勝した。スタートから一度も首位を譲らず、他を圧倒。終盤の猛追も振り切り、3年ぶり5度目の頂点に立った。(小森有喜)

 北浜ジュニア-は1992年創部。現在は高砂、姫路市などの小学生85人が、高砂市の神戸製鋼高砂グラウンドを拠点に練習する。

 11月に姫路市のウインク陸上競技場で開かれた県予選で優勝し、出場権を獲得した。全国大会には約50チームが出場、男...    
<記事全文を読む>