静岡陸上競技協会は3日、来年1月の全国都道府県対抗駅伝の県代表男子12人、女子13人を発表した。男子一般にふるさと出場枠で木村慎(ホンダ、浜松日体高出)が選出された。女子一般は昨夏の世界選手権マラソン代表の清田真央、安藤友香(ともにスズキ浜松AC)らを選んだ。大会は女子が1月13日に京都(9区間、42・195キロ)、男子が同20日に広島(7区間、48キロ)で行う。
 木村は明大時代以来3年ぶりに選出され、実業団選手としてチームを引っ張る。今年1月の東京箱根間往復大学駅伝で東京国際大のエース区間2区を任された伊藤(浜松商高出)は2年連続の出場。早大の太田(浜松日体高出)も2年連...    
<記事全文を読む>