葉山町非常勤職員の小曽根亮さん(35)=横浜市金沢区=が10月にジャカルタで開かれた障害者スポーツの総合大会、アジアパラ大会に陸上の投てき3種目で出場、やり投げで自身の持つ日本記録を更新し、4位入賞を果たした。惜しくも初のメダル獲得は逃したが、その目は2年後の大舞台を見据える。「自己ベストを更新し続け、2020年の東京パラリンピック出場を目指したい」

 障害者スポーツ文化センター横浜ラポール(同市港北区)のグラウンドに、小曽根さんの姿があった。

 車いすから高さ75センチの競技用の椅子に乗り換え、臀部(でんぶ)が浮いてファウルにならないよう体...    
<記事全文を読む>