バスケットボール男子B2の信州ブレイブウォリアーズは29、30日、千曲市のことぶきアリーナ千曲で東地区5位の山形と対戦する。中地区首位の信州は年内を連勝で締めくくり、強豪との対決が待つ年明けに向けて弾みを付けたい。
 山形の小野寺監督は昨季までの2季、信州を率いた。2年間指揮を受けた武井は「(小野寺監督は)いろいろな作戦を仕掛けてくる人。それに対応できる準備をしたい」と力を込める。
 注意したいのは、河野や信州で昨季プレーした古橋らを擁し、リーグ2位の成功率(36・1%)を誇る3点シュート。信州はパスの出し手であるヘンリーに圧力をかけ、シューター陣に好機で回させない...    
<記事全文を読む>