プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区1位)は26日、大阪府大阪市のおおきにアリーナ舞洲で第27戦を行い、大阪エヴェッサ(西地区4位)に44-85で完敗した。通算成績は20勝7敗となり、連勝も5でストップした。

 キングスは第1クオーター(Q)を7-19でスタートすると、第2Q以降も点差はどんどん開いていった。攻守でのリバウンド獲得数は大阪の50に対し、キングスは31。シュート成功率が低く、チーム全体では、2ポイント成功率は24・4%、3ポイントは31・8%だった。第1Q開始3分、スターターだったセンターのジョシュ・スコット...    
<記事全文を読む>