バスケットボール男子のB2は24日、千曲市のことぶきアリーナ千曲などで2試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同3位の西宮に66―61で競り勝った。信州の通算成績は22勝4敗。

 信州は第1クオーター(Q)、相手のオフェンスリバウンドから失点を重ねて4点をリードされた。第2Qはシュートの精度を欠き、前半を31―37で折り返した。第3Qは激しい守備で8失点に抑え、同点で始まった第4Qは4本の3点シュートを沈めてリードを奪い、逃げ切った。

 信州は29、30日に同アリーナで東地区5位の山形と対戦する。

(12月...    
<記事全文を読む>