日本バスケットボール協会は19日、クリスタル・ボヘミアカップ(来年1月1~8日、チェコ・ニンブルグ)に出場する男子U16日本代表12人を発表した。本県からPF菅原佳依(かい)=一関工高1年=とSF菅野ブルース(花巻中3年)が選ばれた。

 菅原は190センチの長身としなやかさを生かした攻撃参加、守備が持ち味だ。昨春の都道府県対抗ジュニア大会は本県選抜の一員として8強入り。一関工高では1年生からセンターのレギュラーをつかみ、東海インターハイに出場した。「初めての海外試合。背が高い選手も多いと思うが、自分のプレーをして勝ちにつなげたい」と決意する。

 菅野は191セン...    
<記事全文を読む>