プロバスケットボールBリーグ1部で西地区首位の琉球ゴールデンキングスは16日、愛知県のパークアリーナ小牧で同地区2位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズと戦い、91―88で勝利した。

 前半序盤から名古屋の激しい守備に得点が伸びないキングス。それでもインサイドをジョシュ・スコット、外からは古川孝敏を中心に得点を重ねる。後半も得点の取り合いとなったが、ジェフ・エアーズ、岸本隆一の連続3点弾で勝ち越し、最後は名古屋がファウルゲームに持ち込むも、古川がフリースローを確実に決めて突き放した。

 キングスは次戦、22、23の両日、SR渋谷と沖...    
<記事全文を読む>