バスケットボール男子のB2は16日、松本市総合体育館などで9試合を行い、中地区首位の信州ブレイブウォリアーズは同4位の東京Zに91―65で快勝した。信州は6連勝とし、通算成績は21勝3敗。
 信州は第1クオーター(Q)、鋭いドリブルを多用した攻撃で26得点を挙げた。第2Qはマーシャルの13得点などで48―33で前半を折り返すと、第3Qも石川を中心にした鋭いパス回しから得点を重ね、リードを27点に広げた。
 信州は23、24日に千曲市のことぶきアリーナ千曲で中地区3位の西宮と対戦する。

...    
<記事全文を読む>