バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は15日、9試合を行い、東地区最下位のレバンガ北海道は北海きたえーるで同5位の秋田を84―79で下し、連敗を2で止めた。通算成績は6勝18敗で、順位は変わらない。

 レバンガは4点を追う第3クオーターにトラソリーニが18得点を挙げる活躍で逆転。終盤までもつれたが、相手のファウルをうまく誘って得たフリースローを確実に決め、逃げ切った。

 レバンガの次節は22、23の両日、福岡市の照葉(てりは)積水ハウスアリーナで福岡と対戦する。

...    
<記事全文を読む>