長岡市の若者を官民で応援する「ながおか・若者・しごと機構」は、バスケットボール男子Bリーグ1部の新潟アルビレックスBBの選手が試合で着用する限定ユニホームのデザインを公募している。機構が企画したまちづくり会議で出た提案を実現した。市内の小中学生の投票によって選ばれたデザインが採用される。

 アルビBBがアオーレ長岡を拠点としていることから、機構は6~9月に若者向けワークショップを開き、長岡の活性化策を議論した。ユニホームコンテストの企画は、長岡の子どもが審査に関わることで、アルビBBに親しみを感じ、まちを盛り上げるきっかけにしてもらう狙い。

 アルビBBや機構関...    
<記事全文を読む>