団体球技の国内リーグ活性化を目指す一般社団法人日本トップリーグ連携機構は14日、各リーグ、チームの発展に尽くした人を表彰する「トップリーグトロフィー」の2017―18年シーズン受賞者13人を発表し、レバンガ北海道の選手と運営会社社長を兼ねる折茂が選ばれた。昨季来場者数がリーグ2位となり、さまざまな誘客策や地域密着の取り組みを行ってきたことなどが評価された。

...    
<記事全文を読む>