同じ東地区で下位に低迷する秋田に勝って、勢いをつけたかったレバンガにとっては痛い黒星。延長戦に持ち込みながら敗れた内海ヘッドコーチ(HC)は「最後の勝負どころで勝たせてあげられなかった」と責任を背負い込んだ。

 延長戦に入った段階で、攻撃を組み立てるポイントガード(PG)の多嶋と松島が既に5ファウル退場していた。PG山本を投入することも考えられたが、内海HCはPGではないものの、ドライブでファウルをもらうことが計算できる関野を投入する。ここまで山本を出すタイミングがなく、「試合勘の面で起用をためらった」という。

 関野は延長戦の中盤で一時リードを奪う得点とフリー...    
<記事全文を読む>