バスケットボール男子、Bリーグ1部(B1)のライジングゼファー福岡が12日、1日にオープンした照葉積水ハウスアリーナ(福岡市総合体育館)で初の公式戦を行い、81-102で名古屋Dに敗れた。第2クオーターに最大14点のビハインドをはね返す粘りを見せたが、新アリーナに駆けつけた観客の前で今季最多失点を喫した。福岡は4勝18敗で西地区6チーム中で最下位。15、16日は同体育館で5位の滋賀と戦う。

 時間が経過するにつれ、新アリーナに充満していた期待感がため息に変わった。国内最高峰のカテゴリーで戦うのに、申し分ない会場での初の公式戦で21点差、今季最多失点での完敗。立ち上がりから動...    
<記事全文を読む>