バスケットボール男子のBリーグ2部は第12節の12日、各地で9試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは前橋市のヤマト市民体育館前橋で群馬(同地区)と対戦し、70-81で敗れた。通算成績は10勝12敗で、順位は変わらず4位。

 山形は河野誠司、中島良史、古橋広樹、ウィル・ヘンリー、チュクゥディエベレ・マドゥアバムが先発した。ファウルが重なった外国人選手がベンチに退くなどし、手薄になったゴール下に切り込まれ、第2クオーター(Q)に10点、第3Qには20点のビハインドを背負った。第4Qに秋山熙の個人技などで攻勢を掛けたが、単発の攻めが多く及ばなかった。
<記事全文を読む>