「(レギュラーシーズンは)ホームでまだ勝てていない。チームの一体感を引き出すプレーで勝利に導く」。バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)の岐阜スゥープスの第5節は15日午後6時、16日同2時からOKBぎふ清流アリーナで最下位の東京海上日動と戦う。人一倍、闘志をたぎらせているのが古巣との対決になる26歳のガード伊藤良太。岐阜では数少ないBリーグ経験者で、スチール数などはリーグ上位と初参入のチームを支えている。下位脱出のきっかけとするため今節の連勝を目指す。

 伊藤は高校強豪の洛南(京都)から慶大に進み、2015年に当時NBDL(ナショナルリーグ2部)の東京海上日動に加入。1...    
<記事全文を読む>