プロバスケットボールB1第12節は9日、各地で8試合を行い、東地区首位の栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で西地区首位の琉球と対戦し、77-67で競り勝った。通算成績は18勝3敗で、東地区首位を守った。

 ホーム過去最多の4532人を動員した第2戦。前日の雪辱を期するブレックスだったが、第1クオーター(Q)は渡辺裕規(わたなべひろのり)、安斎竜三(あんざいりゅうぞう)監督がテクニカルファウルを取られて劣勢に回り、相手外国籍選手2人に内外から狙われ15-23とリードを許した。だが、第2Qは遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)の3点シュート、ジェフ・ギブスの1対...    
<記事全文を読む>