1部は8試合を行い、東地区最下位のレバンガ北海道は中地区3位の富山を94―91で下し、今季最長の連敗を8で止めた。通算成績は5勝16敗で、順位は変わらない。

 レバンガは第2クオーター序盤で13点差をつけられたが、折茂や野口らが3点シュートを高確率で決めるなどして徐々に差を詰め、第4クオーター3分すぎに逆転。激しい点の取り合いの末に逃げ切った。

 レバンガの次節は12日、千葉ポートアリーナで東地区2位の千葉と対戦する。

...    
<記事全文を読む>