バスケットボールの男子Bリーグ2部(B2)は8日、広島サンプラザホールなどで9試合があり、中地区4位の西宮は、西地区首位の広島に70-78で競り負け、3連敗を喫した。通算成績は6勝14敗。

 西宮は第4クオーター後半、道原の速攻からの得点や谷の3点シュートで7点のリードを奪ったが、残り1分、相手に3点シュートで逆転を許し、そのまま突き放された。

...    
<記事全文を読む>