バスケットボールの男子Bリーグ1部は9試合を行い、東地区最下位のレバンガ北海道は中地区3位の富山に80―85で敗れ、Bリーグではワーストタイで昨季以来2度目となる8連敗となった。通算成績は4勝16敗で、順位は変わらない。

 レバンガはトラソリーニが前半だけで19得点を挙げるなどして第2クオーターを50―43とリードして折り返したが、後半は富山の司令塔・宇都に8連続得点を許すなどして逆転された。

 秋田が勝ったため、東地区5位とのゲーム差は4に開いた。レバンガは9日も午後2時5分から、北海きたえーるで富山と対戦する。

...    
<記事全文を読む>