バスケットボール男子、B2仙台の集客が好調だ。ゼビオアリーナ仙台(仙台市太白区)で開催したホーム9試合の平均は2436人でB2トップ。東地区首位を走るチームを後押ししている。球団はアリーナがある長町地区との連携を深め、さらなる動員を目指す。
 今季は最多だった奈良戦(11月10日)の3011人をはじめ、9試合のうち8試合で入場者が2000人を超えた。昨季平均(2152人)と比べて、今季9試合の平均が13%も多い。多くのブースターの支えもあり、ホーム戦は8勝1敗と大きく勝ち越している。
 渡辺太郎新社長は東北楽天の運営会社から転身してきた。プロ野球界出身の経営者らしく...    
<記事全文を読む>