バスケットボールの「第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本選手権大会2次ラウンド」(日本バスケットボール協会主催、下野新聞社など共催)は2日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)ほかで男女4回戦を行い、B1栃木ブレックスは82-77でB1新潟に競り勝って8強入りし、ファイナルラウンド(来年1月10~13日、さいたま市)進出を決めた。

 ブレックスは第1クオーター(Q)に渡辺裕規(わたなべひろのり)らの3点シュート4本などで21-17とリード。しかし、第2Qは相手外国籍選手2人に手こずり、40-37で前半を折り返した。

 第3Qは3点シュートなどを浴びて逆転を...    
<記事全文を読む>