札幌は29日、来季J2に降格する長崎に期限付き移籍していたMF中原彰吾(24)がチームに復帰すると発表した。札幌でのプレーは2016年以来。

 中原は13年、札幌U―18(18歳以下)からトップチームに昇格。17年にJ1G大阪へ期限付き移籍すると、主にJ3のG大阪U―23(23歳以下)でセンターバックなどとしてプレーした。長崎に移った今季はけがの影響で15試合2得点にとどまったが、出場時は持ち前のパスセンスを生かし、ボランチとして活躍した。

 中原はクラブを通じ「再び札幌でプレーでき、うれしく思います。2年前とは違う自分を見せたいですし、覚悟を持ってプレーします...    
<記事全文を読む>