サッカーJ3のAC長野パルセイロは28日、J1神戸のDF山口真司(22)が完全移籍で加入すると発表した。
 兵庫県出身で172センチ、64キロ。神戸の下部組織からトップチームへ昇格し、通算でJ11試合に出場した。今季はJ2大分へ2度目の期限付き移籍したが、4月に右膝を痛め、リーグ戦の出場はなかった。AC長野を通じ、「J2昇格を一度経験しているので、皆さんとJ2昇格をしたいと思っています」とコメントした。
 DF松原優吉(30)とMF有永一生(29)との来季の契約を更新したことも発表。また、松原が2日の盛岡戦で負傷し、左膝外側半月板損傷のため全治6カ月と診断されたこと...    
<記事全文を読む>