大分トリニータは26日、DF鈴木義宜(26)との契約更新、J1鹿島からMF三竿雄斗(27)、J2甲府からMF小塚和季(24)、MF島川俊郎(28)の完全移籍加入を発表した。
 鈴木は2年続けてJ2リーグ戦42試合でフル出場(今季1得点)し、最終ラインの中心選手として活躍した。
 三竿は東京都出身で身長175センチ、体重70キロ。早稲田大4年時の2013年に特別強化指定選手でJ1湘南入りし、17年に鹿島へ。今季はJ1リーグ戦1試合の出場だった。
 小塚は身長173センチ、体重68キロ。13年に地元の新潟に入団し、今季は甲府でJ2リーグ戦31試合で6得点した。...    
<記事全文を読む>