筑波大蹴球部は26日、Jリーグ入団内定選手4人の合同記者会見を開いた。J1清水内定のMF西沢健太が「入団はわくわくだし楽しみ。開幕スタメンを取りたい」と話すなど、選手たちはプロでの意気込みを語った。来季J3の熊本に内定しているDF小笠原佳祐はインフルエンザのため欠席した。

会見の冒頭で小井土正亮監督(40)は4選手について、「一昨年のインカレ優勝、昨年の関東大学リーグ優勝に大きく貢献してくれた」と紹介した。

選手あいさつで西沢は「ここで学んだことを次のステージで生かしたい」、J2岐阜内定のMF会津雄生は「1年目から試合に出場し、FC岐阜に関わる...    
<記事全文を読む>