今季はJ1で過去最高の4位で終えました。最終節の広島戦(1日)で引き分け、残念ながらアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)初出場はなりませんでしたが、クラブの22年の歴史からすれば素晴らしい結果。4位という「新たな景色」を見られたのは、今までクラブに関わってくれた全ての人々のおかげです。

 ミシャさんことペトロビッチ監督の下、選手はサッカーを楽しむことができていたのではないでしょうか。選手にとって、過去に「仕事」としてはつらいシーズンもあったでしょうが、純粋にサッカーを楽しむ気持ちを思い出せたことは良かったと思います。

 小野伸二選手をはじめ、これまで多くの監督...    
<記事全文を読む>