北海道コンサドーレ札幌が完全移籍で正式オファーを出していたJ1仙台のMF中野嘉大(25)の獲得が25日、確実となった。すでに交渉は大詰めの段階に入っており、近日中にも両クラブから発表される見込み。札幌は来季に向けた補強を一段落し、今後在籍選手との契約をまとめていく。3位以上を目指す来季に向け、盤石の体制が整った。

 さらなる高みを目指す札幌のラストピースが埋まった。三上大勝GM(47)は「一人で打開できる選手」と高く評価しており、クラブは左WBやシャドーでの起用を見込んでいる。

 中野は今季仙台で25試合に出場し2得点。左WBはFW菅が今季33試合に出場したが、...    
<記事全文を読む>