サッカー・J1サガン鳥栖は24日、MF谷口博之(33)、MF島屋八徳(29)、MF石川啓人(20)と来季の契約を更新したと発表した。

 谷口は左膝の大けがを乗り越え、8月に本格的な練習を再開。リーグ終盤戦は控えメンバーに名を連ねたが、出場はなかった。在籍6年目となる来季に向け、「必ずチームの力になる」とクラブを通じてコメントした。

 島屋は8月にJ2徳島から完全移籍で加入し、J1リーグ戦1試合に出場した。石川はルヴァン・カップ4試合で1得点。11月27日の練習中に足を負傷し、前十字靱帯(じんたい)断裂で全治8カ月の診断を受けていたことも発表した。

...    
<記事全文を読む>