J2のFC岐阜は23日、FW田中パウロ淳一(25)のJ2山口への完全移籍を発表した。また、主将のMF小野悠斗(27)との来季の契約を更新した。

 岐阜に2016年に加入した田中は両サイドの攻撃的なポジションで起用され、ドリブル突破と強烈なシュートでチャンスを演出した。今季は、FW古橋(現J1神戸)とともに岐阜の攻撃を活性化させ、けがで途中離脱はあったが、一時1桁順位まで躍進したチームを支えた。リーグ戦32試合に出場し8得点。古橋移籍後はチーム得点王。田中は「大木監督をはじめ、素晴らしい仲間と一緒にプレーすることができた」とコメントした。

 小野は15年に加入し、...    
<記事全文を読む>