サッカー・J1サガン鳥栖の監督に決まったスペイン出身のルイス・カレーラス氏(46)が22日、鳥栖市内で就任会見に臨んだ。母国の4クラブで監督経験があり、今季14位に沈んだチームの立て直しを担う新指揮官は「私がここにいるのは変化を生むため。長く指揮していい成績を残す」と力強く抱負を語った。

 カレーラス氏は冒頭、「皆さんこんにちは。サガン鳥栖に来られて光栄です。サポーターのみなさんが誇れるチームになるように頑張ります」と日本語であいさつした。

 鳥栖は今季、リーグ最少の29得点にとどまり、会見では攻撃力に関する質問などが続いた。カレーラス氏は、選手として育成年代か...    
<記事全文を読む>