J1は来季、5人だった外国籍選手の登録制限を撤廃。原則3人までだった出場枠を5人に増やした。制度変更をきっかけに、Jクラブの外国人選手獲得への動きが過熱する中、広島は日本選手の育成を軸とする従来のチーム編成を変えない方針を固めた。

...    
<記事全文を読む>