札幌が長崎のFW鈴木武蔵(24)を完全移籍で獲得することが22日、分かった。C大阪に移籍したFW都倉賢(32)の後釜として、期待がかかる。

 ジャマイカ出身。185センチ、74キロ。ジャマイカ人の父を持ち、桐生第一高(群馬)から2012年、新潟入り。スピードと高い身体能力が魅力。16年のリオデジャネイロ五輪にU―23(23歳以下)日本代表として出場し、1点を挙げた。今季は最下位に沈んだ長崎で29試合11得点と奮闘。プロ入り後初の2桁得点を達成した。

 札幌の三上大勝ゼネラルマネジャー(GM)は「最近は(スピードを生かした)カウンターからだけでなく、クロス(からの...    
<記事全文を読む>