サッカーJ3のAC長野パルセイロで来季の指揮を執る横山雄次新監督(49)が21日、長野市内で記者会見を開き、「ファン、サポーターに選手の気持ちや情熱が伝わるようなチームをつくりたい。自分の持っていることを全て出して、長野のために働きたい」と抱負を語った。
 AC長野はJ3参戦5年目の今季、優勝を掲げながらも過去最低の10位と低迷。選手の平均年齢も高くなってきている中で、クラブは若手を育てながらJ2昇格を目指す方針で横山氏にオファーをした。同席した堀江三定社長は「湘南や栃木で昇格の経験がある。J2昇格と若手を育成する指導力を発揮してほしい」と期待した。
 来季の陣容は...    
<記事全文を読む>