サッカー女子なでしこリーグ1部のAC長野パルセイロ・レディースは20日、岡谷市出身で東京・十文字高のMF滝沢千聖(ちせ)が来季加入することが内定したと発表した。
 17歳の滝沢は152センチ、44キロ。中学時代は諏訪市を拠点に活動するFCSWANに所属した。今年のU―17(17歳以下)女子ワールドカップ出場などの代表歴がある。滝沢はクラブを通じ「チームの一員としてプレーできることに誇りを持ち、責任と覚悟を持って戦います」とコメントした。

...    
<記事全文を読む>