サッカーJ2松本山雅は20日、J2栃木のDF服部康平(27)が完全移籍で加入することが決まったと発表した。
 東京都出身の服部は188センチ、80キロ。国士舘大から2014年にJ3相模原に加入し、17年に当時J3の栃木に移籍した。高さを生かした競り合いに強く、特にセットプレーでは、松本山雅の反町監督が今季の対戦相手で最も警戒する選手の一人に挙げていた。J1でのプレー経験はなく、J2通算38試合出場3得点、J3通算89試合出場9得点。
 服部は「J1で戦うという強い気持ち、野心を持って移籍してきました。勝利に貢献できるよう頑張ります」とコメントした。

...    
<記事全文を読む>