県は十九日、サッカーJ2初優勝とJ1昇格を決めた松本山雅FCにスポーツ栄誉賞を贈呈した。多くの県職員やサポーターが県庁玄関前で、反町康治監督や田中隼磨選手らを出迎え、優勝と昇格、受賞の喜びを分かち合った。

 反町監督を先頭にシャーレを抱えた田中選手らが続き、県職員やサポーターがつくる花道を進んだ。反町監督はサポーターが差し出す手を快く握った。

 阿部守一知事から花束を受け取った反町監督は「皆さんの支えで結果を出せた。大変難しい来季になると思うが、選手、スタッフ頑張るので今以上の声援をお願いします」と述べた。

 県庁内で開かれた贈呈式では、クラブ運営会...    
<記事全文を読む>