J1仙台の日本代表GKシュミットが、来年1月にアラブ首長国連邦(UAE)で開幕するアジア・カップに臨む。26日に始まる代表合宿を控え、チームはオフでも休みを返上して自主練習中。タイトルが懸かった初の国際大会に向けて準備に余念がない。
 自主練習は16日にスタート。18日は仙台市泉サッカー場で石野GKコーチが蹴り上げるボールを高い位置で次々に手ではじいたり、捕球したりする動きを確認した。197センチの体をいっぱいに伸ばすパンチングは迫力十分。「シーズン中の海外組に負けないよう、コンディションを整える」。冷静な語り口に、秘めた闘志が垣間見えた。
 日本代表に定着しつつあ...    
<記事全文を読む>