今季のサッカーJ2で初優勝し、4年ぶりのJ1昇格を決めた松本山雅FCが19日、県からスポーツ栄誉賞を受けた。反町康治監督や田中隼磨選手、運営会社の神田文之社長らが長野市の県庁を訪れ、阿部守一知事から表彰状を受け取った。
 反町監督らは、県庁正面玄関で待ち受けた県職員や市民の松本山雅コールで出迎えられた。贈呈式で阿部知事は「山雅のJ2優勝で勇気と希望、感動を与えてもらった。来季は多くの県民、サポーターの期待を選手一人一人が力に変えて活躍してほしい」と期待した。
 反町監督は「賞に恥じないよう来年も頑張りたい」。松本市出身の田中選手は「長野県で生まれ育った身としては身が...    
<記事全文を読む>