北海道コンサドーレ札幌が完全移籍の正式オファーを出していたJ2京都のU―21日本代表FW岩崎悠人(20)を獲得することが19日、決定的となった。この日までに本人から連絡があり、来季の札幌でプレーを希望する旨が伝えられた。今後はクラブ間の交渉に移り、移籍金や育成費などの細部を調整して正式に加入決定となる。将来を期待される若武者が、来季から赤黒のユニホームを着る。

 国内外の複数クラブが興味を示していた岩崎が、札幌を選んだ。本人から「ぜひ札幌でやりたい」と連絡を受けた三上GMは「ここまでようやく来た。あとはクラブ間の交渉で、しっかりと形にできるようにしたい」と話した。

<...    
<記事全文を読む>