【アブダビ(アラブ首長国連邦)】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)は19日(日本時間20日未明)、アラブ首長国連邦のアブダビで準決勝の残り1試合を行い、アジア王者のJ1鹿島は欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)と対戦する。キックオフは日本時間で午前1時半。

前回対戦の2016年大会決勝は延長戦の末に惜敗した。わずか2年で実現した再戦。選手の士気は自然と高まっている。土居は「前回は決勝に行ってレアルとやれるとなり、ふわふわした感じがあった。今回はそういうのが薄れてほとんどない」とチームの雰囲気を説明する。地に足を着け、試合に集中している。

<記事全文を読む>