【網走】サッカーJ1北海道コンサドーレ札幌の元GKで、現在はJ2ファジアーノ岡山に所属する金山隼樹選手(30)の講演会が網走小で開かれた。参加した5、6年生約100人が、夢を持つことや努力することの大切さを強調する金山選手の話に聞き入った。

 同校の保護者が金山選手の知人だったことから実現し、14日に行われた。

 金山選手は島根県出身。6歳からサッカーを始め、サンフレッチェ広島のユースに入団した。だが、トップチームへの昇格はかなわず、立命館大学に進学。その後もプロになる夢を失わず、2011年に当時JFLのV・ファーレン長崎に入団。14年に北海道コンサドーレ札幌に...    
<記事全文を読む>