J2アビスパ福岡は17日、来季のユニホームを発表した。ホームタウンの福岡を表すシンボルマークとして、福岡藩が徳川幕府に贈った特別な博多織「博多献上」の模様をデザインに採用。縦のストライプに中子持縞(なかこもちじま)と両子持縞(りょうこもちじま)を、背面に「最強の武器」の意味を持つ独鈷(どっこ)を入れた。クラブは「今年777周年を迎えた歴史ある博多織のように、福岡の皆さまに愛される伝統あるクラブへと成長していきたい」と説明している。

...    
<記事全文を読む>