サッカーJ2で初優勝した松本山雅FCの反町康治監督(54)によるトークショー(信越放送主催、信濃毎日新聞社共催)が17日、松本市のキッセイ文化ホールで開かれた。4年ぶりのJ1昇格を決めたリーグ最終戦からちょうど1カ月。反町監督が戦術や作戦の秘話を交えながら激動のシーズンを振り返り、来場者約1900人は聞き入って優勝と昇格の喜びをあらためて感じていた。

 2012年の監督就任以降、毎年シーズン終了後に開いており、7回目。試合の映像やデータを示しながら、「走力(データが物語るもの)」「ラスト3ゲームの準備と試合」など4テーマで話した。来場者からの質問に答えるコーナーも...    
<記事全文を読む>