サッカーJ2・モンテディオ山形を運営する株式会社モンテディオ山形の新社長に決まった相田健太郎氏が17日、県庁を訪れて吉村美栄子知事に社長就任に向けたあいさつを行い、「勝たなければ意味がない。リーグ戦で勝つことを目指す」と目標を語った。

 懇談で相田氏は両親が南陽市出身などと自己紹介しながら、山形サポーターの熱心な応援に触れ、観戦した5日の天皇杯全日本選手権準決勝は「大勢の人がいて鳥肌が立った」と振り返った。吉村知事から「課題はたくさんあると思うが、のびのびと思い切ってやってほしい」と激励を受け、来年1月1日の就任後は「猪突(ちょとつ)猛進で頑張っていく。(ホーム戦...    
<記事全文を読む>